2015年03月16日

やどりき水源林活動説明会

やどりき水源林では、かながわ森林インストラクターの会会員が「森の案内人」として、来訪された方々の案内や、成長の森巡回・経路巡回などの活動を行っています。
毎年度末には登録会員が集まり、活動報告および次年度に向けた活動計画の話合いを行っています。H26年度は 3月15日に実施しました。そして、話合いの後、全員で施設・林道周辺の清掃を行いました。
ミツマタやフサザクラの開花が始まりました。本格的な春はもうすぐです。

2015031522_.JPG
2015031532_.JPG
参加会員は約60名。まず全体で、今年度活動報告、新年度計画の説明が行われました。

2015031538_.JPG
全体説明の後は、調査班活動の打ち合わせを行いました。調査班には、「植物班」「動物班」「水生・土壌班」の3つの班があります。写真は、動物班の打ち合わせの様子です。

2015031562_.JPG
2015031561_.JPG
話合いの後は、全員で施設・散策コースの清掃を行いました。近年やどりき水源林でもヤマビルの被害が増えています。周遊コースでは、ヒル除け対策の落葉掻きも実施しました。

林内では、ミツマタやフサザクラの開花が始まりました。
2015031579_.JPG
ミツマタ:白い蕾が少しずつ開花をはじめ、黄色に色付いてきました。

2015031587_.JPG
フサザクラ:沢沿いの渓畔林の多くがフサザクラです。桜の名前が付いていますが、桜の仲間ではなく、幹が桜に似て、房状の花が咲くことでこの名前が付きました。
posted by Forester at 12:57| 水源林トピックス

2015年02月17日

鎌倉彫体験と早春の鎌倉散策

2月15日:かながわ森林インストラクターの会森林文化部会主催で、「鎌倉彫体験と早春の鎌倉散策」を行いました。

午前中は鎌倉彫体験。若宮大路沿いの「鎌倉彫刻館」で、”薬研彫り(やげんぼり)”という、断面がV字形になるような彫り方を学び、2時間貴重な体験を行うことができました。
鎌倉駅前の「井上蒲鉾店」で昼食をした後、銭洗弁財天→佐助稲荷→大仏ハイキングコース→大仏→長谷寺と、穏やかな好天に恵まれて、気持ちよく散策することができました。
長谷寺では、フクジュソウ、ウメ、ボケ、マンサクなどの春の花が開花が進み、見頃を迎えていました。早春の鎌倉を堪能できた1日でした。

1.鎌倉彫01.JPG
2.鎌倉彫02.JPG
彫刻刀は刃先が緩くカーブを描いており彫りやすくなっています。これを右手で軽く持ち、左手の親指で押すように彫っていきます。広い面積を掘るときは、深く掘らないといけないので、強く推す必要があり、慣れないので指先が痛くなりました。

3.弁当.JPG
4、ひな人形.JPG
鎌倉駅東口駅前にある「井上蒲鉾店」で昼食。店内に飾ってある雛人形に春を感じます。

5.銭洗い弁天.JPG
銭洗弁財天:境内洞窟の入り口。洞内にある清流でお金を洗うと増えるという言伝えは有名です。

6.佐助稲荷.JPG
佐助稲荷神社:赤い鳥居が並んだ道が長く続き、階段を上がったところに神社があります。

7.ハイキング.JPG
大仏ハイキングコース:緩やかな起伏のハイキングコースで、好天に恵まれて気持ちよく散策ができました。

8.大仏.JPG
高徳院(大仏):穏やかな顔つきの大仏。ここはいつ来ても混雑しています。

9.長谷寺.JPG
長谷寺:花の寺ともいわれ、一年を通して花を見ることができます。下の写真は、今回見ることができた主な花のいくつかです。

10.フクジュソウ.JPG
フクジュソウ

11.梅.JPG
ウメ

12.ボケ.JPG
ボケ

13.マンサク.JPG
マンサク
posted by Forester at 13:05| インストラクター活動全般

2015年02月04日

森林文化講演会 事前参考資料

第6回森林文化講演会
1.日時:2015年3月1日(日)13:30〜15:30(開場13:00)
2.演題:「環境共育としての南足柄山地の物語」
  〜戦中・戦後の禿山を修復して育った自然林の植物と土壌など〜
3.講師:佐々木園子(東海大学名誉教授)
4.場所:桜美林大学 PFC

南足柄地図.jpg
南足柄市地図

1985年のヤシャブシ林02.jpg
1985年のヤシャブシ林(地図のS地点)

2009年のヤシャブシ林.jpg
2009年のヤシャブシ林(同上)

明神ー金時尾根北側のブナの若木林.jpg
明神ー金時尾根北側のブナの若木林(地図のK地点)
posted by Forester at 20:44| インストラクター活動全般

2014年12月24日

水源林のお正月準備

やどりき水源林で、12月14日に正月飾り作り、21日に山の神祠の掃除を行いました。
正月飾りは講師(縄綯いのベテラン会員)の指導の下、縄を綯い(ない)、しめ縄作りの体験を行いました。

しめ縄作り

PC14-012036.JPG
@藁に水をかけ、しっかり湿らせます。こうすることで藁の強度が上がります。

PC14-022061.JPG
A木槌で叩いてしごきます。藁に柔軟性が加わります。

PC14-032066.JPG
B作るしめ縄にあわせて太さを決め束ねます。束ねた元から三等分します。

PC14-042020.JPG
PC14-052026.JPG
C先ず2本の束をそれぞれ右撚り(時計回り)で綯います。この綯った2本を合わせて左撚り(反時計回り)で綯って1本にします。

PC14-062027.JPG
D残りの1/3束を右撚りで綯い、これを先ほど綯った縄に沿わせ左撚り(反時計回り)で全体で1本にします。先端を綴じて完成。

PC14-072070.JPG
E今回参加者は15名。慣れない縄綯いでしたが、頑張って何とかしめ縄を完成させました。

PC14-092078.JPG
F完成したしめ縄。輪飾り(上)と牛蒡じめ(下)。これに、紙垂(しで)や橙などをあしらえます。

山の神祠の掃除
正月第二日曜日(来年は第三日曜日)に、毎年「山の神祭」を行っています。そのため毎年この時期に有志で祠の掃除を行っています。

PC14-112080_.JPG
祠周辺の掃除

PC14-122081_.JPG
祠の中まできれいに拭き掃除をしました。
posted by Forester at 22:41| 水源林トピックス

2014年12月01日

やどりき水源林の紅葉

11月30日のやどりき水源林。
前日の雨もやみ、しっとり濡れた紅葉は一段と鮮やかさを増していました。
年に一度紅葉のクライマックス。やどりき水源林の紅葉(黄葉)も捨てたものではありません。

林道A(管理棟の少し先)
やどりき紅葉01.JPG

林道B(林道Aの少し先、管理棟方面を振り返る)
やどりき紅葉02.JPG

林道C(集会棟付近)
やどりき紅葉03.JPG

林道D(癒しの森付近)
やどりき紅葉04.JPG

イロハモミジの紅葉(林道Dの少し先)
やどりき紅葉05.JPG

広場対岸の紅葉
やどりき紅葉06.JPG

秋の寄沢
やどりき紅葉07.JPG

寄沢から広場方面を望む
やどりき紅葉08.JPG

H22,H23,H24年成長の森へ行く途中のスギ人工林。林内のアブラチャンが黄色く色づいていた。
やどりき紅葉11.JPG

H22,H23,H24年成長の森へ行く途中の尾根筋。寄沢側(右側)は人工林。反対側は広葉樹林。
やどりき紅葉09.JPG

上記の広葉樹側。黄葉が見事。
やどりき紅葉10.JPG

更に進み、寄集落方面を望む。
やどりき紅葉12.JPG
posted by Forester at 18:32| 水源林トピックス

2014年10月23日

やどりき水源林周辺の山歩き

かながわ森林インストラクターの会は、やどりき水源林の案内活動「森の案内人」を行っていますが、登山者から登山コースの事を聞かれることも多く、色々なコースの知識を持っていた方が良いと、やどりき水源林周辺の山歩きを実施しました。
コースは、寄管理センター〜やどりき水源林管理棟〜雨山峠〜ユーシンロッジ〜(玄倉林道)〜玄倉の、徒歩で約7時間のコースです。
登山風景と見つけた植物を紹介します。(10月18日撮影)

10372782_843578242390922_9186646600113462655_n.jpg
寄沢を渡る、結構水量が多いので慎重に。

10155591_843578262390920_1814855505307911149_n.jpg
寄沢の上部は両側が迫っています。

10509482_843578289057584_1448811535465292032_n.jpg
もうすぐ雨山峠、花崗岩が風化した地層(真砂土)で滑りやすいです。

10733994_843578249057588_8783205239881678327_n.jpg
リンドウ:秋を代表する花の一つ。晴天の日、釣り鐘型の花を上向きに咲かせる。
日光を受けると開き、雨や曇りの日、夜は閉じたまま小さく萎んでいる。花粉や蜜を無駄にしないためという。

10710613_843578252390921_5060529421021776678_n.jpg
イワシジャン:フォッサ・マグナ要素の植物。山地の岩壁に垂れ下がって咲く。キキョウ科ツリガネニンジン属に属し、花はツリガネニンジンに似ている。

ダイモンジソウ(2修正).jpg
ダイモンジソウ:花が漢字の大の字のように見えるのでこの名前がある。湿りかがある岩などに群生することが多い。

ガマズミの実.jpg
ガマズミ:3-5mm程度の果実をつけ、食用となる。果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味になる。また、焼酎に漬けて果実酒にも利用する。

アキノキリンソウ.JPG
アキノキリンソウ:日本各地の山地や丘陵部の日当たりのよい場所に生える。別名をアワダチソウと言い、今では本家よりも帰化植物のセイタカアワダチソウの方を良く見ることが多い。

ホソエカエデ.JPG
ホソエカエデ:ウリハダカエデに似て、花の柄が細いことから名付けられた。ウリハダカエデに似るが、ほぼ無毛で葉柄が赤く、裏面の脈腋には小さな膜がある。カエデ類の特徴である2枚の翼を広げた果実を、垂れ下がるようにつける。

、リュウノウギク.JPG
リュウノウギク:和名の由来は、全体の香りが「竜脳」に似ているところからきている。 竜脳というのは、フタバガキ科の竜脳樹(リュウノウジュ)の樹脂から産する香料のことである。
いわゆる「野菊」の仲間だが、他の野菊の仲間が初秋から秋早くに花をつけるのに対して、リュウノウギクは晩秋に花をつける。
posted by Forester at 23:24| 水源林トピックス

2014年09月16日

やどりき水源林で見つけたキノコ

9月はキノコシーズン。やどりき水源林でも色々な形や色をしたキノコを沢山見つけることができます。そのうち形に特徴があり(見分けやすい)食用になるキノコを二つ紹介します。(9月13日撮影)

20140913キヌガサタケ.jpg
キヌガサタケ
林道の竹林の傍に生えていました。形が純白なレースのスカートをまとったような姿で優雅なので「キノコの女王」と呼ばれているそうです。傍に行くと強い悪臭がします。高級な中華料理に用いられるそうで、中華風のスープに入れると美味しいとか。

20140913カラカサタケ.jpg
カラカサタケ
かさの直径が10〜25pになる大型のキノコです。かさを握ってパッと放すと原型に戻るので、ニギリタケとも呼ばれているそうです。かさの部分をフライにして食べるのが美味しいそうですが、バター炒めにして食べるのも良いようです。

posted by Forester at 21:30| やどりき植物

2014年08月19日

「やどりき水源林のつどい」開催

8月16日、恒例の「やどりき水源林のつどい」が開催されました。
参加者数は約480名、昨年を100名以上上回り、とても賑いのあるつどい(集い)となりました。
午前は、水源林内のトレッキング、水生生物観察と森林癒し(いやし)体験が主で、午後からは、式典、 森のコンサートなどのあと、各ブースでの森林交流会を行いました。
森林交流会ではクラフト、草笛体験、樹木の香りを楽しむ体験、水生・土壌生物の観察など、水源の森ならではの体験を楽しんでもらいました。

会場全景.jpg
いつもは静かな水源林も、この日ばかりは子供たちの歓声が響いていました。今からスイカ割りが始まるようです。

丸太切り.jpg
人気の丸太切り。丸太を乗せる3っの台(馬)はフル回転。切った丸太は、ドングリクラフトの台に使用します。

昼休み.jpg
昼休みには、お弁当を食べながら、祭りばやしなどの森のコンサートを楽しみました。

会のブース.jpg
森林インストラクターが製作した“グッズ”の販売。隣では、ドングリクラフトの作成を行っています。

森林癒し.jpg
森林癒しのブースでは、色々な樹木の香りを楽しんでもらいました。

水生観察.jpg
冷たい水に入り水生生物を探す(気持ちいい!!)。一見何もいないような沢の中にも、じっくり探すと、結構色々な種類の水生生物が見つかります。

水生コーナー.jpg
水生生物のブースでは、大人も子供も観察に夢中。

水生生物01.jpg
採集した水生生物をバットに移し、ピンセットやスポイトを使って、種類ごとに観察ケースに分けて行きますす。小さいものを探すのは、大人より子供の方がうまいです。

プラナリア.jpg
採集したプラナリア(ナミウズムシ)。寄り目がかわいい観察会の人気者。一回切れば2匹に、二回切れば3匹に、切っても切ってもプラナリア。不思議な再生能力を持っています。
posted by Forester at 15:49| 水源林トピックス

2014年07月15日

7月のやどりき水源林植物調査

7月13日、やどりき植物班が、やどりき水源林から雨山峠まで寄沢沿いの登山道を往復し、植物の調査活動を行いました。
シナノキ、フジウツギ、イワオトギり、ギンリョウソウ、ケイワタバコ、ヤマボウシ等々の花々を観察することができました。

ケイワタバコ.jpg
ケイワタバコ(イワタバコ科)
ケイワタバコが満開で、寄沢右岸の壁面を飾っていました。
イワタバコ同様に日蔭の岩陰に群生しますが、花茎や萼(がく)に毛が密生し、また、イワタバコが8月ごろ花期を迎えるのに対し、ケイワタバコはその1ヵ月ほど前に開花するので区別することができます。

シナノキ.jpg
シナノキ (アオイ科<新分類>)
葉は先のとがったハート型で、縁に鋸歯があります。葉の付け根から散房状の花序を下向きに出し、淡黄色の花を咲かせます。
シナノキで特徴的なのは総苞葉です。写真の白っぽい細長いものが総苞葉です。苞(ほう)とは花序の基部にあって、つぼみを包んでいた葉のことです。
実が熟すと総苞葉と実が一緒に落ち、総苞葉がプロペラの働きをして、母木から遠くに散布されます。

シナノキは古くから日本人に利用され、縄文時代にはこの樹皮の繊維で縄や布を作り、縄文土器の縄目にも利用されていたそうです。
シナノキは漢字で、榀木あるいは科木と書かれますが、長野県の古名である信濃は、古くは「科野」と記したが、シナノキを多く産出したからだともいわれています。

クワガタソウ.jpg
クワガタソウ(オオバコ科<新分類>)
花はすでに終わり、実をつけていました。
萼(がく)は大きく4裂し、2つづつ実を前後からはさむように存在します。これが兜の鍬形(兜の上に二本立っている角のような飾り→折り紙の兜を参照)に似ていることから、鍬形草(くわがたそう)と名付けられました。
ちなみに、昆虫のクワガタムシも語源は同様です。かぶと.jpg
posted by Forester at 23:37| やどりき植物

2014年06月29日

6月下旬の水源林

6月最後の日曜日、鎌倉や箱根登山鉄道沿線など、アジサイの名所はいずれも大いににぎわったようです。やどりき水源林でも、イワガラミやヤマアジサイなどのアジサイの花を見ることができました。
6月上〜中旬に水源林を飾ったウツギの花ほど数は多くありませんが、林床に控え目に咲くアジサイの白い花は、雨に濡れてなかなか味わい深いものがあります。

イワガラミ.jpg
管理棟横の杉の大木をはい上るイワガラミ。
15mぐらいの高さまで花をつけていました。ツルアジサイ(ゴトウヅル)に似ているが、白いガク片がイワガラミ1枚に対しツルアジサイは4枚なので見分けることができます。

ヤマアジサイ.jpg
林床にひっそりと咲くヤマアジサイ。
ガクアジサイより細長い葉を持ち、花序や装飾花もガクアジサイより控えめです。

リョウブ.jpg
リョウブ(つぼみ)
初夏の山の花が途切れる頃、白い花が房状に咲きます。

アブラチャン.jpg
アブラチャン(果実)
まだ若いアブラチャンの果実。水滴がみずみずしく表面を覆っていました。
posted by Forester at 22:38| やどりき植物