2014年12月01日

やどりき水源林の紅葉

11月30日のやどりき水源林。
前日の雨もやみ、しっとり濡れた紅葉は一段と鮮やかさを増していました。
年に一度紅葉のクライマックス。やどりき水源林の紅葉(黄葉)も捨てたものではありません。

林道A(管理棟の少し先)
やどりき紅葉01.JPG

林道B(林道Aの少し先、管理棟方面を振り返る)
やどりき紅葉02.JPG

林道C(集会棟付近)
やどりき紅葉03.JPG

林道D(癒しの森付近)
やどりき紅葉04.JPG

イロハモミジの紅葉(林道Dの少し先)
やどりき紅葉05.JPG

広場対岸の紅葉
やどりき紅葉06.JPG

秋の寄沢
やどりき紅葉07.JPG

寄沢から広場方面を望む
やどりき紅葉08.JPG

H22,H23,H24年成長の森へ行く途中のスギ人工林。林内のアブラチャンが黄色く色づいていた。
やどりき紅葉11.JPG

H22,H23,H24年成長の森へ行く途中の尾根筋。寄沢側(右側)は人工林。反対側は広葉樹林。
やどりき紅葉09.JPG

上記の広葉樹側。黄葉が見事。
やどりき紅葉10.JPG

更に進み、寄集落方面を望む。
やどりき紅葉12.JPG
posted by Forester at 18:32| 水源林トピックス

2014年10月23日

やどりき水源林周辺の山歩き

かながわ森林インストラクターの会は、やどりき水源林の案内活動「森の案内人」を行っていますが、登山者から登山コースの事を聞かれることも多く、色々なコースの知識を持っていた方が良いと、やどりき水源林周辺の山歩きを実施しました。
コースは、寄管理センター〜やどりき水源林管理棟〜雨山峠〜ユーシンロッジ〜(玄倉林道)〜玄倉の、徒歩で約7時間のコースです。
登山風景と見つけた植物を紹介します。(10月18日撮影)

10372782_843578242390922_9186646600113462655_n.jpg
寄沢を渡る、結構水量が多いので慎重に。

10155591_843578262390920_1814855505307911149_n.jpg
寄沢の上部は両側が迫っています。

10509482_843578289057584_1448811535465292032_n.jpg
もうすぐ雨山峠、花崗岩が風化した地層(真砂土)で滑りやすいです。

10733994_843578249057588_8783205239881678327_n.jpg
リンドウ:秋を代表する花の一つ。晴天の日、釣り鐘型の花を上向きに咲かせる。
日光を受けると開き、雨や曇りの日、夜は閉じたまま小さく萎んでいる。花粉や蜜を無駄にしないためという。

10710613_843578252390921_5060529421021776678_n.jpg
イワシジャン:フォッサ・マグナ要素の植物。山地の岩壁に垂れ下がって咲く。キキョウ科ツリガネニンジン属に属し、花はツリガネニンジンに似ている。

ダイモンジソウ(2修正).jpg
ダイモンジソウ:花が漢字の大の字のように見えるのでこの名前がある。湿りかがある岩などに群生することが多い。

ガマズミの実.jpg
ガマズミ:3-5mm程度の果実をつけ、食用となる。果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味になる。また、焼酎に漬けて果実酒にも利用する。

アキノキリンソウ.JPG
アキノキリンソウ:日本各地の山地や丘陵部の日当たりのよい場所に生える。別名をアワダチソウと言い、今では本家よりも帰化植物のセイタカアワダチソウの方を良く見ることが多い。

ホソエカエデ.JPG
ホソエカエデ:ウリハダカエデに似て、花の柄が細いことから名付けられた。ウリハダカエデに似るが、ほぼ無毛で葉柄が赤く、裏面の脈腋には小さな膜がある。カエデ類の特徴である2枚の翼を広げた果実を、垂れ下がるようにつける。

、リュウノウギク.JPG
リュウノウギク:和名の由来は、全体の香りが「竜脳」に似ているところからきている。 竜脳というのは、フタバガキ科の竜脳樹(リュウノウジュ)の樹脂から産する香料のことである。
いわゆる「野菊」の仲間だが、他の野菊の仲間が初秋から秋早くに花をつけるのに対して、リュウノウギクは晩秋に花をつける。
posted by Forester at 23:24| 水源林トピックス

2014年08月19日

「やどりき水源林のつどい」開催

8月16日、恒例の「やどりき水源林のつどい」が開催されました。
参加者数は約480名、昨年を100名以上上回り、とても賑いのあるつどい(集い)となりました。
午前は、水源林内のトレッキング、水生生物観察と森林癒し(いやし)体験が主で、午後からは、式典、 森のコンサートなどのあと、各ブースでの森林交流会を行いました。
森林交流会ではクラフト、草笛体験、樹木の香りを楽しむ体験、水生・土壌生物の観察など、水源の森ならではの体験を楽しんでもらいました。

会場全景.jpg
いつもは静かな水源林も、この日ばかりは子供たちの歓声が響いていました。今からスイカ割りが始まるようです。

丸太切り.jpg
人気の丸太切り。丸太を乗せる3っの台(馬)はフル回転。切った丸太は、ドングリクラフトの台に使用します。

昼休み.jpg
昼休みには、お弁当を食べながら、祭りばやしなどの森のコンサートを楽しみました。

会のブース.jpg
森林インストラクターが製作した“グッズ”の販売。隣では、ドングリクラフトの作成を行っています。

森林癒し.jpg
森林癒しのブースでは、色々な樹木の香りを楽しんでもらいました。

水生観察.jpg
冷たい水に入り水生生物を探す(気持ちいい!!)。一見何もいないような沢の中にも、じっくり探すと、結構色々な種類の水生生物が見つかります。

水生コーナー.jpg
水生生物のブースでは、大人も子供も観察に夢中。

水生生物01.jpg
採集した水生生物をバットに移し、ピンセットやスポイトを使って、種類ごとに観察ケースに分けて行きますす。小さいものを探すのは、大人より子供の方がうまいです。

プラナリア.jpg
採集したプラナリア(ナミウズムシ)。寄り目がかわいい観察会の人気者。一回切れば2匹に、二回切れば3匹に、切っても切ってもプラナリア。不思議な再生能力を持っています。
posted by Forester at 15:49| 水源林トピックス

2014年05月29日

やどりき水源林でパートナー活動

神奈川県では、水源林・水源再生パートナーとして、多くの企業・団体に森林づくりにご協力をいただいていますが、かながわ森林インストラクターの会は、森林づくりの作業指導や自然観察、クラフト体験などの支援を行っております。

5月24日・25日はやどりき水源林で、神奈川トヨタ自動車(株)プリウス森木会(プリウスのオーナーの皆様)、スタッフの皆さま、延べ100名以上の皆さまに参加いただき、丸太のベンチ作り、森林癒し体験、水生生物観察など、森林にふれる様々なイベンを楽しんでいただきました。

丸太切り.jpg
<丸太切り>
前回の活動で伐採した間伐木を、ノコギリでベンチのサイズに切断します。

ベンチ.jpg
<丸太のベンチ>
切断した丸太を組み合わせて、ベンチを作りました。週遊歩道の良い休憩スポットになりました。

ハンモック.jpg
<森林癒し体験>
木漏れ日のもれる林の中でハンモックの体験をしました。ゆらゆら気持ちよさそう。

水生生物観察.jpg
<水生生物観察>
寄沢の中に入り水生生物の採取を行い、多くの水生生物を観察しました。その後見つけたものにチェックを入れてビンゴ大会を行いました。
posted by Forester at 11:30| 水源林トピックス

2014年05月27日

5月のやどりき水源林

四季折々の表情に出会えるやどりき水源林。とりわけ5月は新緑と各種ウツギの花が楽しめ、オオルリなど鳥の鳴き声が迎えてくれる、1年の中でもとりわけ魅力いっぱいの季節です。
この時期、やどりき水源林では各種行事が行われますが、5月17日の「森林探訪」と、5月18日の「やどりきの森へ行こう」の様子をお届けします。

森林探訪新緑.jpg
森林探訪1
新緑の中津川沿いの道を進む

森林探訪昼食.jpg
森林探訪2
やどりき水源林の広場で昼食

やどりきの森へ行こう_1.jpg
やどりきの森へ行こう1
水源林上部の河原にて

やどりきの森へ行こう_2.jpg
やどりきの森へ行こう2
中央の木に空いている穴は、コゲラ(小型のキツツキ)の巣穴です。

やどりきの森へ行こう_3.jpg
やどりきの森へ行こう3
鹿の頭蓋骨と角に触る体験

マルバウツギ.jpg
マルバウツギ

アメリカオニアザミ.jpg
アメリカオニアザミ
posted by Forester at 19:56| 水源林トピックス

2014年05月04日

風薫る五月の水源林

今日5月4日は緑の日。やどりき水源林は絶好の晴天に恵まれ、青葉若葉は日の光に照らされて輝いていました。
梢ではオオルリがさえずり、沢からはカジカガエルの鳴き声が聞こえ、一年で最も生命感あふれる季節のスタートです。
ヒメウツギが満開です。マルバウツギはつぼみをつけていました。これから7月のフジウツギまで、11種類のウツギが次々と開花して行きます。やどりき水源林は各種ウツギの宝庫です。

寄沢2.jpg
寄大橋から上流を望む

寄沢上部.jpg
林道終点付近の寄沢

輝く若葉.jpg
透き通るように輝く若葉

ヒメウツギ.jpg
満開のヒメウツギ
posted by Forester at 23:35| 水源林トピックス

2014年03月17日

森の案内人及び班調査活動説明会

やどりき水源林では、かながわ森林インストラクターの会会員が「森の案内人」として、来訪された方々の案内を行っています。さらに、班調査活動・成長の森巡回・経路巡回などの活動を行っています。
毎年度末には登録会員が集まり、活動報告および次年度に向けた活動計画の話し合いを行っています。本年度は 3 月 16 日に実施し、打合せの後は、全員で施設・林道周辺の清掃を行いました。

水源林説明会1.jpg
やどりき事業部長から「森の案内人」活動を中心に全体説明

水源林説明会2.jpg
班調査活動は、植物班、動物班、土壌・水生生物班の3つの班がそれぞれ活動を行っています。写真は一番大所帯の植物班です。

水源林説明会3.jpg
熱心に打合せをする動物班

水源林説明会4.jpg
全員で清掃を行いました。
posted by Forester at 21:16| 水源林トピックス

2014年03月08日

小学校の森林学習

やどりき水源林では四季を通して様々な活動を行っていますが、小中学校などの総合的な学習に対応して、森林学習を行っています。
昨日(3月7日)は、川崎市内の小学校の児童・先生約120名を迎え、3つのコースに分かれて、森林インストラクターが自然のこと森林のことなどを解説しながら、林内を踏査しました。 

広場での始めの会.jpg
広場での始めの会。 

仮設の橋で川を渡る.jpg
森林インストラクターが安全を確保するなか、仮設の橋で川を渡りました。 

恐る恐る・慎重に.jpg
恐る恐る、慎重に。全員無事に渡り終えることができました。 
posted by Forester at 13:48| 水源林トピックス

2014年02月27日

やどりき水源林の紹介

やどりきc.jpg

 やどりき水源林は明るく開けた谷間、緑豊かな森林に囲まれ、谷のせせらぎの音が聞こえてきます。小鳥のさえずりや風を体で感じてみませんか。
森林インストラクターがご案内します。
・毎週土、日(12月〜2月除く)
・水源林ゲート前集合午後1時(無料)
 (夏休み期間中は10時半と1時の2回実施)
posted by Forester at 15:42| 水源林トピックス

2014年02月20日

山の神祭

山の神ブログ.jpg

1月12日(日)恒例の山の神祭を実施しました。
お払いの儀→祝詞奏上(のりとそうじょう)→玉串奉奠(たまぐしほうてん)→直会(なおらい)、の順に祭事を執り行い、この一年の活動の安全を祈願しました。
 
posted by Forester at 10:51| Comment(0) | 水源林トピックス