2017年02月06日

第8回森林文化講演会

かながわ森林インストラクターの会では、森林文化部会が中心となり、森林や自然や環境などの専門家を講師としてお招きし、会員及び広く一般市民に参加を呼びかけ、毎年1回森林文化講演会を実施しています。
今年度は、長年シカと植物群落の研究をし、そのほかの野生動物の研究も取り組んでこられた、高槻成紀氏(麻布大学いのちの博物館開館上席学芸員)を講師として招き、「日本の森林とシカ問題」と題し講演をしていただきました。

従来からシカの増加に伴う食害が問題視されてきましたが、それ以外にも、野生の動植物に多大な影響を及ぼし、生態系に甚大な被害を及ぼしていること。また、食害により地肌が現れ、土砂災害の危険が広がっていることなど、豊富なデーターを元に解説していただき、改めてシカ問題の深刻さを理解することができました。

P2058097.JPG
講演会入り口(桜美林大学 PFC(プラネット淵野辺キャンパス))

P2058106.JPG
受付(桜美林大学 ECO・TOP(インターンシップ)の学生にも手伝ってもらいました。)

P2058118.JPG
主催元の森林文化部会長のあいさつ

講演風景
P2058120.JPG
P2058129.JPG
P2058131.JPG

P2058234.JPG
質疑応答

P2058113.JPG
書籍販売「シカ問題を考える」

posted by Forester at 17:25| インストラクター活動全般