2017年01月16日

2017年山の神祭

1月15日(日)この冬一番の寒さの中で、恒例の山の神祭が、やどりき水源林の山の神祠前で執り行われました。1期から14期まで総勢50数名の森林インストラクターが集まり、今年の山の作業の安全を祈願しました。
祝詞を捧げ玉串を奉納した後、神前に供えた御饌御酒(みけみき)を参列者で戴きました。祭事終了後の直会は無礼講です。奉納されたお酒や、縁起もののスルメやめざしをいただき、会員間の親交を深めました。お酒の量も多く、最後は皆さんすっかり出来上っていた様です。

@玉ぐし準備.JPG
準備@:玉串の作成

A鳥居に紙垂.JPG
準備A:、しめ縄に紙垂(しで)を取り付け

B奉納.JPG
お供え:季節の野菜・魚介類、米、塩、お神酒など

Cお払いの儀.JPG
お祓い:修祓(しゅうばつ)の儀

D祝詞奏上.JPG
祝詞(のりと)奏上

E玉ぐし.JPG
玉串奉奠(たまぐしほうてん)

F直会.JPG
直会(なおらい)の儀

G休憩棟.JPG
山の神の祠下にある休憩棟前で、祭事終了後の無礼講が行われました。

Hお酒.JPG
奉納されたお酒や縁起物の数々

I無礼講.JPG
会話も弾み、お酒の方も急ピッチで進んでいます。
posted by Forester at 22:51| インストラクター活動全般

2016年12月19日

しめ縄作りと山の神祠の大掃除

やどりき水源林の林内には、山での活動の安全を祈願する「山の神」を祀る祠があります。そして、毎年年末には祠の大掃除を行っています。今年も森林文化部会が主催し、有志が集まり、しめ縄作りと大掃除を行いました。

しめ縄作り

1しめなわ.JPG
藁に水をかけ湿らせます。こうすることで藁の強度が上がります。

2しめなわ.JPG
木槌で叩いてしごきます。藁に柔軟性が加わり作業がしやすくなります。

3しめなわ.JPG
藁を束ねて3分割し、縄ないを行います。

4しめなわ.JPG
ごぼう締めの完成

5しめなわ.JPG
ごぼう締めした藁を丸く束ねます。

6しめなわ.JPG
完成。これに、紙垂(しで)や橙などをあしらえます。

7aしめなわ.JPG
山の神の祠に飾るしめ縄は、藁をつぎ足しながら長くして行きます。

7しで.JPG
紙垂(しで)も用意します。

山の神祠の大掃除

8a掃除.JPG
先ず、祠の周囲をきれいにします。

9掃除.JPG
ご神木もきれいに。

10掃除.JPG
古いしめ縄は取り外します。

11掃除.JPG
祠のしめ縄を新しいものに付け替えました。

12掃除.JPG
鳥居のしめ縄も新しくしました。

13掃除.JPG
大掃除、しめ縄の取り換えが終わり、正月に行う山の神祭の準備が出来ました。
posted by Forester at 16:59| 水源林トピックス

2016年10月29日

落ち葉のプール

森林インストラクターと小学6年生で、小学校の校庭に落ち葉のプールを作りました。
足で踏んで! 手で触れて! 匂いを嗅いで! サクサク耳で聞いて! 彩りを目で楽しんで! 秋の自然の贈り物。 みんな一緒に全身で楽しむ落ち葉のプール。

2横木.jpg
横木と杭木は、学校林の枝打ち材を使用しました。プールは縦横3m。まず森林インストラクター(4名)が杭木と一番下の段の横木を設置しました。

1杭木.jpg
杭木は大きな木槌(掛矢)で打ち込みます。地面からの高さは約5Ocm。

3シノ.jpg
丸太筋工の要領で、シノーを使って横木と杭木を番線で締め付けます。

4巻き付け.jpg
子供たちも交じって番線の処理。

5長さ合わせ.jpg
長い横木は切り取ります。

6協力.jpg
皆で協力すると、作業もはかどります。

7落ち葉敷.jpg
事前に集めておいた落ち葉を敷き詰めて行きます。

8落ち葉を均す.jpg
落ち葉を均一にならして行きます。

9完成.jpg
手作り感満載の落ち葉のプールが完成しました。

10講話.jpg
落ち葉のプールで遊んだあとは、しばらく置いておきます。そうすると土壌生物が分解して堆肥となり、樹木の栄養となります。土壌生物を中心にした生態系(食物連鎖)の講話を行いました。
posted by Forester at 17:45| インストラクター活動全般

2016年09月15日

下草刈り

県立21世紀の森で行った「県民参加の森林づくり」、今年度最後の下草刈りです。
平成25年度の成長の森事業で植栽した苗木(無花粉スギ)は、3年で3m以上に達するものもあり、立派に成長していました。今年2回目の下刈ですが、下草は夏の間にかなり伸びていました。

1作業前.JPG
作業前:植栽地を左右に分ける中央通路に整列

2作業開始.JPG
作業開始:中央通路から左右に、大カマで刈りこんでいきます。

3作業後.JPG
作業後:最初分からなかった中央通路が、はっきりと見えるようになりました。

4作業中.JPG
植栽した苗木を傷付けないように、丁寧に刈り込みます。

5作業中.JPG
十分に間隔をとりながら、作業を進めて行きます。

6ハチ.JPG
この時期注意が必要なのはスズメバチです。案の定、伐採後の残木の中からスズメバチが10匹ほど表れ、ハチジェットで駆除し、この場所は避けて作業を行いました。

7樹高.JPG
植栽後まだ3年ですが、中には3mを超える苗もあり、生育状況は上々です。

8新旧.JPG
すっかりきれいになった植栽地。30〜40年たてば、向こうに見えるような立派なスギ林になるでしょう。
posted by Forester at 22:28| インストラクター活動全般

2016年08月06日

夏のやどりき水源林


夏本番!やどりき水源林は気温も市街地より2〜3℃低く、寄沢のせせらぎに足を入れると一層涼しさを感じます。 そして、水辺や林道では、夏の花や虫たちに出会うことが出来ます。

@タマアジサイ.jpg
Aタマアジサイ開花.jpg
タマアジサイ:タマアジサイのつぼみは丸くて目立つのですぐ識別することが出来ます。
8月初旬頃、丸いつぼみが次々と裂けるように開花し、淡紫色の小さな両性花の周りに花弁4枚の白色の装飾花が縁どります。

Bキハギ.jpg
キハギ:漢字で”木萩”と書きます。一般に萩類はしだれるが、キハギの茎は完全に木になるため”木のハギ”と言うようになったそうです。

Dコマツナギ.jpg
コマツナギ:漢字は”駒繋”。茎は細いわりに丈夫で、馬さえも繋ぎ止めておけるという意味だとか。

Eミゾホウズキ.jpg
ミゾホオズキ:果実がホオズキに似て、溝(水が染み出ているようなところ)などに生えるのでこの名があるそうです。

Fキツネノボタン.jpg
キツネノボタン:葉が牡丹に似て、毒(いやなもの=キツネ)があるところからこの名が付いたと言われています。

Gマツカゼソウ.jpg
マツカゼソウ:ミカン科で葉には独特の臭いがあります。そのためかシカが食べず、シカの多い地域でも食べられずに残っています。

Hクロコノマチョウ幼虫3.jpg
クロコノマチョウの幼虫:二本の角に愛嬌のある顔だち。ススキの葉を平行にくるっとまるめて中に入っています。

Iフクラスズメ.jpg
フクラスズメの幼虫:刺激すると危険を感じて、頭をブンブン振り回し、防衛します。

Jナナフシ.jpg
ナナフシ:植物の中に入り込むと、姿が分からなくなります。

K沢登り.jpg
L沢登り.jpg
M沢登り.jpg
寄沢を遡上すると、ひんやりした空気に包まれ夏の暑さを忘れます。特に堰堤の下ではしぶきがふりかかり、爽快です。
posted by Forester at 23:36| インストラクター活動全般

2016年07月02日

ホタルブクロの作戦

梅雨のころ、林の縁などで見かけるホタルブクロ。子供達がこの花の中にホタルを入れて遊んだことから、ホタルブクロの名前がついたと言われますが、実際の語源は、花の形を提灯に見立てた、火垂袋(ほたるぶくろ)説の方が説得力がありそうです。
ホタルブクロ.jpg

このホタルブクロ、人里に近いところに多いホタルブクロと、山地から高山の礫地など、標高の高い場所に生えるヤマホタルブクロの2種類あります。やどりき水源林で見かけるのも、多くはヤマホタルブクロです。
外見はよく似ていますが、ホタルブクロには、がく片の間に反り返る付属片(小裂片)があるのに対し、ヤマホタルブクロにはそれがなく、ふくらみがあることで区別することができます。
ホタルブクロとヤマホタルブクロ.jpg
(野草 見分けのポイント図鑑(講談社)より <クリックで拡大します>)

ホタルブクロの特徴の一つに、雄しべが花粉を放出する時期と、雌しべが成熟して柱頭が受粉可能になる時期が、時間的にずれている。というのがあります。
まず、花が開花する前後は雄しべが発達し花粉を放出します。そして花が成熟すると、柱頭が3裂して、雌しべの時期となります。この段階ではハチにより送粉された後なので花柱には花粉は残っていません。
すなわち同じ花で、雄から雌に移り変わるというわけです。

なぜこのような仕組みをしているのか。それは、自家受粉を防ぐ目的があるからです。自家受粉では遺伝子の組合せのバリエーションが広がらない、あるいは近交弱勢とか問題が多い。それを防ぐための仕組みが”雌雄異熟”というわけです。

ホタルブクロの花粉を運ぶ有力な担い手が、マルハナバチです。ホタルブクロの花の特徴は、花の入り口が狭い、花は細長く下を向いている、蜜は花の奥にある、などです。
入口が狭いので蝶などは入れない。小さい虫は花の内側で滑って蜜までたどり着けない。ところが、マルハナバチは花柱と花の内側に潜り込み、長い口で蜜を吸うことができます。そしてこのとき、花粉をしっかりつけます。
マルハナバチにとっては蜜を独占でき、ホタルブクロにとっても、花粉を付けたマルハナバチは確実に他のホタルブクロに行き受粉してくれる。お互いに、Win-Winの関係があるというわけです。
ホタルブクロ受粉.jpg
(信州大学理学部生物科学科 市野研究室 研究内容より <クリックで拡大します>)
posted by Forester at 14:47| やどりき植物

2016年05月23日

ウツギの季節

5月も半ばを過ぎて、ヒメウツギの花期が終わり、各種ウツギが次々と咲き始めました。中でも目につくのがマルバウツギ、林道沿いのあちこちで見つけることが出来ます。
白花の多いウツギの中で異彩を放つのがニシキウツギ、紅白の花が鮮やかです。そして、バイカウツギやコゴメウツギ、ガクウツギも。なお、本家”ウツギ”は、もう少し後です。

1マルバウツギ.jpg
マルバウツギ:葉は丸みがあり、細長い葉のウツギとの違いは明瞭。ウツギが白い花を垂れ下げてつけるのに対し、上向きに思いっきり開く。ユキノシタ科

2ニシキウツギ.jpg
ニシキウツギ:花は白色から紅色に変化する。ハコネウツギとよく似るが、ニシキウツギの花柱(めしべ)は花冠の外に突き出るので区別することが出来る。スイカズラ科

3バイカウツギ.jpg
バイカウツギ:ウメの花に似るのでバイカ(梅花)の名がついた。花弁はウメが5弁に対し4弁。ユキノシタ科

4コゴメウツギ.jpg
コゴメウツギ:ウツギの名がついているがバラ科。多くのバラ科植物と同様に花弁は5枚。葉縁に粗い鋸歯(ギザギザ)がある。

5ガクウツギ.jpg
ガクウツギ:枝の先に散房花序をつける。縁に、萼の変化した装飾花がある。萼片は3〜5片あるが、大きさがばらばらなのが特徴。ユキノシタ科

6ミズキ.jpg
ミズキ:枝先に散房花序を出し、白い小さな花をたくさん付ける。この時期山野を訪れると、特徴のある、階段型の樹形に白い花がよく目立つ。

7ヤマボウシ.jpg
ヤマボウシ:つぼみがだいぶ開いてきました。6月の水源林を白い花で彩ります。
posted by Forester at 21:13| やどりき植物

2016年05月04日

新緑の水源林

この時期やどりき水源林を訪れると、オオルリなどの夏鳥やカジカガエルが、美しい鳴き声で出迎えてくれます。
やどりき水源林中央部を流れる寄沢は、コシバ沢、水棚沢、後沢などの流れを集め水量豊です。沢を覆う新緑のトンネルの中に入ると、差し込む光と水しぶきが奏でる、光と音の競演に圧倒されます。

1寄沢.jpg

2寄沢.jpg

3寄沢.jpg

4a寄沢.jpg

4b寄沢.jpg

5寄沢.jpg

6寄沢.jpg

■沢の岸辺には、ウワミズザクラとヒメウツギが咲いていました。
7ウワミズザクラ.jpg
ウワミズザクラ

8ヒメウツギ.jpg
ヒメウツギ
posted by Forester at 20:45| 水源林トピックス

2016年04月26日

水源林の春も終盤戦

やどりき水源林では、11種類のウツギが4月から7月にかけて、次々と花を咲かせます。トップバッターがヒメウツギです。そして、次に続くのはマルバウツギ、つぼみが少し膨らんできました。
黄色く鮮やかなヤマブキから、真っ白なウツギへ、そして林からはオオルリなどの夏鳥の声も聞こえます。季節は、春から初夏へと移り変わって行きます。(4月23日撮影)

1ヒメウツギ.jpg
ヒメウツギ:姫の名がつくように、つつましく繊細な花を咲かせます。

1マルバウツギ.JPG
マルバウツギ:つぼみが少し膨らんできました。

2ウツギとヤマブキ.JPG
ヤマブキとヒメウツギ:ヤマブキもそろそろ盛りを過ぎ、ウツギが次の主役です。

■水源林に咲くスミレ
3タチツボスミレ.JPG
タチツボスミレ:もっとも普通に見られるスミレ。道端のそこかしこで目にすることが出来ます。

4ツボスミレ.JPG
ツボスミレ(別名ニョイスミレ):スミレの中で一番花が小さく、直径は1cm以下です。花は白く、内側の紫色のスジが特徴です。

5エイザンスミレ.JPG
エイザンスミレ:葉に切れ込みがあるのが特徴で、見分けがつけやすい。

■水源林で見つけた、面白い形をした植物
8トウゴクサバノオ.JPG
トウゴクサバノオ:サバノオのいわれとなった果実。果実は袋果で2個基部で合着し、横に広がる。

6マムシグサ.JPG
ナンテンショウ:花の形からマムシグサとも呼ばれます。写真はホソバナンテンショウ。

7ウラシマソウ.JPG
ウラシマソウ:花序先端から出る長い紐状突起物を、浦島太郎の釣り糸に見立て、この名がつきました。

8ヤマネコヤナギ.JPG
ヤマネコヤナギ:雌雄異株で写真は雄株。受粉後に長くなった雌花序が横に並び、背比べのよう。

9ホソエカエデ.JPG
ホソエカエデ:芽鱗(がりん:冬芽を覆って保護する小片)が、つぼみが成長するに従いくるりと巻いて、面白い形をしています。
posted by Forester at 00:20| やどりき植物

2016年04月11日

4月10日の水源林

早春の水源林を飾ったミツマタやフサザクラはそろそろ峠を越え、ミツバツツジやヤマブキなど仲春〜晩春の花にバトンが移ってきました。
ウツギの中でも早く花を咲かせるヒメウツギはつぼみを付け、木々の芽吹きも始まり、水源林の春は駆け足で通り過ぎて行きます。

■ミツバツツジ:紅紫色の花が遠くからよく目立ちます。ミツバツツジの名がつく種は多くありますが、多くは雄しべが10本なのに対し、本種は5本であることが大きな特徴です。
1aミツバツツジ.jpg
1bミツバツツジ.jpg

■ヤマブキ:花は鮮やかな黄色で、この時期山野を訪れると、山腹の麓側に垂れ下がっているのをよく見かけます。
2ヤマブキ.jpg

■水源林の脇役、クロモジとアブラチャン。共にクスノキ科クロモジ属なので、株立ち状の樹形はよく似ています。共に早春に淡黄色の花を房状に多くつけ、水源林のアクセントになっています。
3クロモジ.jpg
クロモジ:名前の由来=樹皮に現れる黒い斑点を文字になぞらえたため。

4アブラチャン.jpg
アブラチャン:名前の由来=種子や樹皮に油が含まれ、生木でも燃えることから。チャンはコールタールなどの総称。

■ヒメウツギのつぼみ:4月中旬から7月まで、各種ミツマタが水源林を彩ります。トップバッターがヒメウツギです。
5ヒメウツギつぼみ.jpg

■太郎坊と次郎坊。
今の子供たちの遊びは、テレビゲームやスマホですが。昔は野原が子供たちの遊び場でした。春になると、子供たちは、太郎坊(スミレ)と次郎坊(ジロボウエンゴグサ)の距(花のうしろ側の蜜がたまる突起)をからませて引っ張って遊んだそうです。
6タチツボスミレ.jpg
タチツボスミレ

7ジロボウエンゴサク.jpg
ジロボウエンゴサク

■100mの高度を増すごとに気温は0.6度Cずつ下がると言われています。やどりき水源林の高度は約450m。そのため平地に比べ、気温は3度ほど低く、平地ではほぼ散ったソメイヨシノの花も、当地では今が満開でした。
8ソメイヨシノ.jpg
ソメイヨシノ

9ヤマザクラ.jpg
ヤマザクラ:山肌に白く清楚な花が目立ちます。

■花芽とつぼみ。植物は成長していく過程で芽(花になるのが花芽、葉になるのが葉芽)、つぼみ、花と変化していきます。ソメイヨシノで花芽とつぼみを見て行きましょう。
10aサクラ花芽.jpg
花芽:つぼみが少し顔を出しています。

10bサクラツボミ.jpg
つぼみ:一つの花芽から、3〜4本のつぼみが出てきます。

10cサクラ開花.jpg
開花

■カモシカ。この春、やどりき水源林ではカモシカが頻繁に目撃されています。ここを棲家に選んだのでしょうか。
11カモシカ.jpg
posted by Forester at 16:51| 水源林トピックス