2017年12月08日

晩秋の水源林

四季折々、行くたびに違う姿を見せてくれるやどりき水源林ですが、11月中旬から12月上旬にかけて、紅葉に染まる水源林は一見の価値があります。12月2日の水源林の様子です。

@寄大橋下部.jpg
寄大橋の上から下流側を望むと、赤、黄、緑のパッチワークのような山肌が目に焼き付きます。

A集会棟広場.jpg
様々な活動の拠点になっている集会棟も、落葉の向こうにひっそりとたたずんでいます。

B集会棟林道.jpg
林道側から見た集会棟と黄葉。

C林道癒しの森.jpg
林道を歩いていると、鮮やかなイロハモミジの紅葉が目に留まります。

D寄沢紅葉.jpg
イロハモミジの向こうから、堰堤を落ちる水音が少し寂しげに響いてきます。

Eススキと紅葉.jpg
紅葉とススキ。

Fジュウガツザクラ.jpg
10月頃と4月上旬頃の年2回開花するジュウガツザクラは、この時期もチラホラ花を咲かせています。

この日は普及啓発部会の研修を行いました。テーマは「木育」です。
G木育01.jpg
H木育02.jpg
posted by Forester at 21:17| 水源林トピックス

2017年08月12日

やどりき水源林のつどい

8月5日“第16回やどりき水源林のつどい”が開催され、やどりき水源林は多くの来訪者でにぎわいました。かながわ森林インストラクターの会は、トレッキング、水生生物観察、森の癒し体験や、交流会会場での丸太切り、クラフトワークなど、多彩なプログラムで、県民の皆様と交流を行いました。
1全体.jpg

【午前】水源林トレッキング・水生生物観察・森林癒やし
水源林トレッキング
成長の森・林道・周遊Bコースに分かれ、木々や草花の観察や植樹した木々の生長の見学などを行いました。
3トレッキング02.jpg
出発前の準備(ヒル除け対策)

3トレッキング01.jpg
案内板でこれからの行程を説明

水生生物観察
寄沢に住む水生生物の観察を行い、水の中に住む多様な生物を見ることが出来ました。
4水生生物観察01.jpg
寄沢全景

4水生生物観察02.jpg
水生生物の採集

森林癒し体験
やどりき水源林の自然の中に浸り、心と体をリフレッシュしました。
5癒し02.jpg
林の中で横になり、樹冠のゆらぎを感じ、鳥の声に耳を傾けます。

5癒し01.jpg
ハンモックに寝そべり森林浴。沢の水音が心地よいです。

【午後】森林交流会(林間広場にて)
丸太切り体験やクラフト・草笛ほか多数のブースを用意し、参加したみんなさんに楽しんでもらえるよう指導にあたりました。
6ブースクラフト01.jpg
クラフトワーク

6ブースクラフト03.jpg
丸太切り

6ブース癒し.jpg
森林癒しブース

6ブース森水カフェ.jpg
もり・みずカフェのブース

6ブース水生.jpg
水生生物観察ブース

6ブース土壌.jpg
土壌生物観察ブース

7スイカワリ.jpg
スイカ割り

7祭囃子.jpg
寄祭囃子(三ヶ村祭囃子保存会)

7しずくちゃん、ウォービーくん、かなりんちゃん.jpg
しずくちゃん、ウォービーくん、かなりんちゃん

会場近くで咲いていた花
8ミゾホウヅキ.jpg
ミゾホウズキ(山野の流れのそばに咲きます。)

8ヒヨドリバナ.jpg
ヒヨドリバナ(晩夏から秋にかけて咲きます。フジバカマの仲間)
posted by Forester at 16:32| 水源林トピックス

2017年07月02日

土壌生物・水生生物の調査

私たちの足もとには思いもよらないにぎやかな世界が広がっています。そして水の中は水生生物の世界です。これらの生き物は、生態系の底辺を支える重要な役目を担っています。
やどりき水源林での、土壌生物調査、水生生物調査の様子を紹介します。(6月24日実施)

【土壌生物調査】
@フルイ法:土を掘り、フルイで土をふるって虫を見つける。

1土壌採取.jpg
調査地点で、50cm四方の枠を作り、10cmほど土を掘り持ち帰ります。

2a土壌生物抽出.jpg
白いビニルシートの上で土をフルイにかけます。見つけた虫を、ピンセットや箸、吸虫管で採取します。

2デジタル顕微鏡.jpg
採取した虫を観察します。今回はデジタル顕微鏡・タブレットを用いて、参加者全員で観察しました。

3アヤトビムシ科.jpg
アヤトビムシ科(体長2〜3mm)

4アワフキ・ヨコバイ類の幼虫.jpg
推定:アワフキorヨコバイ類(カメムシ目)の幼虫(体長5〜6mm)

5ヒゲナガトビムシ科.jpg
ヒゲナガトビムシ科(体長2〜3mm)

Aツルグレン装置
フルイ法では微細な虫を採取することは困難です。ツルグレン装置は漏斗(ろうと)の上に金網(ざる等)をかぶせ、その上に土をのせます。上から熱をかけることで虫は下の方に逃げ、漏斗の下に落下します。漏斗の下に置いた容器に落ちた虫を観察します。今回は熱源として使い捨てカイロを使用しました。
6ツルグレン装置.jpg

7バトル01.jpg
8バトル02.jpg
容器(シャーレ)には水が張ってあります。2匹の甲虫の幼虫が、表面張力で水面に浮いた状態でバトルを繰り広げていました。顎の大きい黒い方(約5mm)が白い方(約7mm)に襲いかかり、ほどなくして白い方は水底に沈みました。恐るべし土壌生物の弱肉強食の世界。(虫の周囲の光の点は、水面に反射したLEDの光です。)

【水生生物調査】
やどりき水源林では、「水源林の集い」やネットワーク活動で、水生生物観察を行っています。今回、各沢の水生生物調査を行いました。

9水生採取.jpg
沢で採取した水を白ハットに移し、水生生物を抽出します。

10カワトンボ推定幼虫.jpg
カワトンボの仲間幼虫

11カジカガエル.jpg
寄沢からは、カジカガエルの鳴き声が聞こえてきます。鳴くのに夢中で近寄っても逃げません。

12カジカ.jpg
カジカ。頭や胸ビレが大きいのが特徴。川底の色によく似た色彩です。
posted by Forester at 00:10| やどりき水生

2017年05月04日

やどりき水源林のカモシカとムササビ

春から初夏のやどりき水源林は、鳥のさえずりや、カジカガエルの鳴き声でにぎやかです。
うまくすると、カモシカやムササビにも出会えるかもしれません。
会員がニホンカモシカ、ムササビの写真を撮ってきてくれましたので、紹介したいと思います。
(撮影:ムササビ5月3日、ニホンカモシカ4月30日)
2017カモシカ_ムササビ.jpg


【ニホンカモシカ】
カモシカというと奥山に生息しているイメージがありますが、やどりき水源林でも3月から5月ぐらいにかけて、それほど珍しくなく目にすることができます。
ニホンカモシカがこの時期に麓近くまで降りてくるのは、芽吹きの時期に合わせているのではと考えられています。新芽を食べに来ていて、だんだん山の上にあがっていき、夏以降はほとんど目にすることはなくなります。

ニホンカモシカはシカ科ではなく、ヤギに似た反すう偶蹄類ウシ科に属する日本固有種です。 昭和9年に天然記念物指定され、昭和30年には特別天然記念物に指定されました。
シカとの違いは、シカはオスだけが枝別れした角を持ち毎年生え変わるのに対し、カモシカは雌雄共に角を持ち、シカと違い生え変わりが無い一生ものの角です。

またシカは群れを作って行動するのに対し、カモシカは群れを作らず、それぞれが一定の行動範囲に定着しています。1頭の行動圏は雄15ha、雌10haほど。縄張り意識が強く同性に対しては排他的だが、 雄と雌で縄張りが重なっているとつがいになり、この関係が長く続く。 繁殖期は10月に始まる。雄はすぐ離れてしまい、雌は半年後の春から初夏に1頭出産し1年間は子連れでいる。寿命は15年ぐらいです。

@カモシカ01.jpg
4〜5mぐらいに接近しても逃げることなく反芻を始めました。30分ほど付き合ったのち撮影者の方から離れました。

Aカモシカ02.jpg
カモシカの角輪:角には毎冬に形成される年輪(角輪)があり、年齢を推定することができます。

Bカモシカ2007年3月28日.jpg
C2010年4月4日カモシカ.jpg
過去に撮影したニホンカモシカ(上:2007年3月28日、下:2010年4月4日)


【ムササビ】
ムササビはリスの仲間ですが、前足と後足の間には大きな皮膜があり、樹間を滑空することができます。樹洞などを利用して巣穴を作ります。似た仲間にモモンガがいますが、一番の違いは大きさです。滑空している姿は、ムササビは座布団ほど、モモンガはハンカチ程度です。
ムササビもモモンガも、やどりき水源林に生息しているのが確認されています。いずれも夜行性ですが、運がよければ日中にムササビの昼寝姿?を見ることができます。

Eムササビ20170503A.jpg
スギの樹洞を利用した巣穴から、ムササビが顔を出していました。かなり眠そうです。

Dムササビ20170503B.jpg
巣箱から顔を出したムササビ。ぱっちりした目がかわいいですね。

F巣箱作り20160625.jpg
G巣箱掛け20161029.jpg
かながわ森林インストラクターの会は、県と協働して、ムササビやモモンガの保護を目的に、それぞれにあった巣箱を作成して水源林内に設置してきました。中には経年変化で痛みが出てきたものもあり、それらについて、新しいものに取り換える作業を行いました。(写真は新しく作成した巣箱(2016年6月作成)、取り換え時(2016年10月)の様子です。)
上のムササビは、この時に取り換えた巣箱を使用していました。
posted by Forester at 17:24| やどりき動物

2017年04月20日

4月のやどりき水源林

4月のやどりき水源林はにぎやかです。マメザクラ、ソメイヨシノ、ジュウガツザクラなどの桜の仲間が開花し、クロモジ、アブラチャンなどは林間で控えめに咲いています。
足元では、ヤマルリソウやフデリンドウ、ミヤマキケマンなどを観察することが出来ます。
そして春は小鳥たちにとって恋の季節。林の中からは、シジュウカラ、ホオジロなどのさえずりが聞こえ、姿を見ることが出来ます。
カエルたちも卵を産み始めました。

【足元の花】
ミヤマキケマン.jpg
ミヤマキケマン:「ミヤマ」の名があるが、深山に生えるわけではありません。日当たりのよい山地や林の縁に多く生えます。

フデリンドウ.jpg
フデリンドウ:「リンドウ」は秋の花のイメージが強いが、春に咲くのもあります。最も普通なのは本種で、日当たりのよい林縁や草地に生えます。つぼみの形が筆の穂先のようなのでこの名が付きました。

【鳥】
ホオジロ.jpg
ホオジロ:名は「頬白」ですが、実際に細長い白斑があるのは目下あたり。繁殖期には高い枝先で長く美しい声でさえずります。


【カエル】
やどりき水源林では、ヤマアカガエル、アズマヒキガエル、カジカガエルの3種類のカエルが確認されています。4月中旬以降からは、カジカガエルの鳴き声を聞くことが出来ます。

ヤマアカガエル01.jpg
ヤマアカガエル卵.jpg
ヤマアカガエル:体長は5cmほど。色は赤みがかった褐色で、背面には筋状の隆起(背側線)がある。ヤマアカガエルの卵塊は、ゼリー状のかたまりになっています。

アズマヒキガエル00.jpg
アズマヒキガエル卵.jpg
アズマヒキガエル:体長は10cmを越え、どっしりと大きい。アズマヒキガエルの卵塊は、透明な長いチューブ状になっています。

【アズマヒキガエルの抱接】
アズマヒキガエル01.jpg
下にいるのがメス。上に重なって抱きしめているのがオスです。ほとんどのカエルがメスの方が大きく、2倍ぐらい違うものもいます。
水のない所で暮らしているカエルも、受精する時は水辺にやってきます。そして水の中で、オスがメスの背中の上に乗り、前肢でメスの腹を抱きかかえます。これは“抱接”と呼ばれる行動で、体外受精のカエルは“交尾”はしません。 オスがメスの腹を強く押すことにより、メスは卵を放出します。オスはその上から精子を放出して受精させるのです。
繁殖期のオスにはメスを抱接する際に滑り止めとして後肢にコブ(婚姻瘤)ができ、これでメスに抱きつき、ちょっとやそっとのことでは離れることがありません。
posted by Forester at 13:12| 水源林トピックス

2017年03月21日

やどりき事業部会活動説明会を実施しました

かながわ森林インストラクターの会の活動拠点「やどりき水源林」では、水源林の保全・再生活動に対する理解を深めることを目的に、水源林を巡る案内人活動や、植物、動物、土壌水生生物などの調査活動を行っています。そして、毎年3月には登録会員が集まり、この一年間の活動報告、来期に向けての活動計画を話し合います。
今年は、3月19日に話し合いを行い、その後林内の清掃を行いました。

<やどりき事業部会活動説明会>
@全体説明.jpg
やどりき事業部長からの全体説明

A植物班.jpg
各班(植物、動物、土壌水生生物)の報告。写真は植物班の報告。

B動物班.jpg
C土壌水生班.jpg
全体説明・報告の後は、各班に分かれて来期の活動の立案を行いました。写真は上が動物班、下が土壌水生班。

<林内の清掃>
D落ち葉掻き.jpg
近年、やどりき水源林でもヤマビルが多く発生しています。ヒルは落葉の下に隠れていることが多いので、周遊道の落ち葉掻きを行いました。

Eゴミ拾い.jpg
Fゴミ.jpg
林内のゴミ拾い。多くのゴミが集まりました。

G樹名板.jpg
樹名板は、コケで文字が読みにくくなっているものもあるので、消毒液で表面をきれいにしました。

<やどりき水源林の風景>
Hミツマタ1.jpg
Iミツマタ2.jpg
やどりき水源林にはミツマタの群落が点在しています。例年、3月中旬〜4月上旬に花の見頃となりますが、今年は開花が早いようで、すでに満開でした。

J寄大橋.jpg
やどりき水源林入り口のゲート横に「寄大橋」があります。昨年秋に改修して朱色のアーチが鮮やかです。木々の葉が色づけば、赤と緑のコントラストが見事になるでしょう。
posted by Forester at 16:04| 水源林トピックス

2017年02月06日

第8回森林文化講演会

かながわ森林インストラクターの会では、森林文化部会が中心となり、森林や自然や環境などの専門家を講師としてお招きし、会員及び広く一般市民に参加を呼びかけ、毎年1回森林文化講演会を実施しています。
今年度は、長年シカと植物群落の研究をし、そのほかの野生動物の研究も取り組んでこられた、高槻成紀氏(麻布大学いのちの博物館開館上席学芸員)を講師として招き、「日本の森林とシカ問題」と題し講演をしていただきました。

従来からシカの増加に伴う食害が問題視されてきましたが、それ以外にも、野生の動植物に多大な影響を及ぼし、生態系に甚大な被害を及ぼしていること。また、食害により地肌が現れ、土砂災害の危険が広がっていることなど、豊富なデーターを元に解説していただき、改めてシカ問題の深刻さを理解することができました。

P2058097.JPG
講演会入り口(桜美林大学 PFC(プラネット淵野辺キャンパス))

P2058106.JPG
受付(桜美林大学 ECO・TOP(インターンシップ)の学生にも手伝ってもらいました。)

P2058118.JPG
主催元の森林文化部会長のあいさつ

講演風景
P2058120.JPG
P2058129.JPG
P2058131.JPG

P2058234.JPG
質疑応答

P2058113.JPG
書籍販売「シカ問題を考える」

posted by Forester at 17:25| インストラクター活動全般

2017年01月16日

2017年山の神祭

1月15日(日)この冬一番の寒さの中で、恒例の山の神祭が、やどりき水源林の山の神祠前で執り行われました。1期から14期まで総勢50数名の森林インストラクターが集まり、今年の山の作業の安全を祈願しました。
祝詞を捧げ玉串を奉納した後、神前に供えた御饌御酒(みけみき)を参列者で戴きました。祭事終了後の直会は無礼講です。奉納されたお酒や、縁起もののスルメやめざしをいただき、会員間の親交を深めました。お酒の量も多く、最後は皆さんすっかり出来上っていた様です。

@玉ぐし準備.JPG
準備@:玉串の作成

A鳥居に紙垂.JPG
準備A:、しめ縄に紙垂(しで)を取り付け

B奉納.JPG
お供え:季節の野菜・魚介類、米、塩、お神酒など

Cお払いの儀.JPG
お祓い:修祓(しゅうばつ)の儀

D祝詞奏上.JPG
祝詞(のりと)奏上

E玉ぐし.JPG
玉串奉奠(たまぐしほうてん)

F直会.JPG
直会(なおらい)の儀

G休憩棟.JPG
山の神の祠下にある休憩棟前で、祭事終了後の無礼講が行われました。

Hお酒.JPG
奉納されたお酒や縁起物の数々

I無礼講.JPG
会話も弾み、お酒の方も急ピッチで進んでいます。
posted by Forester at 22:51| インストラクター活動全般

2016年12月19日

しめ縄作りと山の神祠の大掃除

やどりき水源林の林内には、山での活動の安全を祈願する「山の神」を祀る祠があります。そして、毎年年末には祠の大掃除を行っています。今年も森林文化部会が主催し、有志が集まり、しめ縄作りと大掃除を行いました。

しめ縄作り

1しめなわ.JPG
藁に水をかけ湿らせます。こうすることで藁の強度が上がります。

2しめなわ.JPG
木槌で叩いてしごきます。藁に柔軟性が加わり作業がしやすくなります。

3しめなわ.JPG
藁を束ねて3分割し、縄ないを行います。

4しめなわ.JPG
ごぼう締めの完成

5しめなわ.JPG
ごぼう締めした藁を丸く束ねます。

6しめなわ.JPG
完成。これに、紙垂(しで)や橙などをあしらえます。

7aしめなわ.JPG
山の神の祠に飾るしめ縄は、藁をつぎ足しながら長くして行きます。

7しで.JPG
紙垂(しで)も用意します。

山の神祠の大掃除

8a掃除.JPG
先ず、祠の周囲をきれいにします。

9掃除.JPG
ご神木もきれいに。

10掃除.JPG
古いしめ縄は取り外します。

11掃除.JPG
祠のしめ縄を新しいものに付け替えました。

12掃除.JPG
鳥居のしめ縄も新しくしました。

13掃除.JPG
大掃除、しめ縄の取り換えが終わり、正月に行う山の神祭の準備が出来ました。
posted by Forester at 16:59| 水源林トピックス

2016年10月29日

落ち葉のプール

森林インストラクターと小学6年生で、小学校の校庭に落ち葉のプールを作りました。
足で踏んで! 手で触れて! 匂いを嗅いで! サクサク耳で聞いて! 彩りを目で楽しんで! 秋の自然の贈り物。 みんな一緒に全身で楽しむ落ち葉のプール。

2横木.jpg
横木と杭木は、学校林の枝打ち材を使用しました。プールは縦横3m。まず森林インストラクター(4名)が杭木と一番下の段の横木を設置しました。

1杭木.jpg
杭木は大きな木槌(掛矢)で打ち込みます。地面からの高さは約5Ocm。

3シノ.jpg
丸太筋工の要領で、シノーを使って横木と杭木を番線で締め付けます。

4巻き付け.jpg
子供たちも交じって番線の処理。

5長さ合わせ.jpg
長い横木は切り取ります。

6協力.jpg
皆で協力すると、作業もはかどります。

7落ち葉敷.jpg
事前に集めておいた落ち葉を敷き詰めて行きます。

8落ち葉を均す.jpg
落ち葉を均一にならして行きます。

9完成.jpg
手作り感満載の落ち葉のプールが完成しました。

10講話.jpg
落ち葉のプールで遊んだあとは、しばらく置いておきます。そうすると土壌生物が分解して堆肥となり、樹木の栄養となります。土壌生物を中心にした生態系(食物連鎖)の講話を行いました。
posted by Forester at 17:45| インストラクター活動全般